FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.12.13
数年前と比べて自身の人格というか、キャラクターの変容があまりに顕著で、未だに違和感が拭えない気がする。
私の子ども時代と言えば、人見知りと人への恐れを極めており人に会ってもまず挨拶などしないし、目を合わせただけで「ガンをつけた」と見なされて怒鳴りつけられたりするのだと信じており徹底して人と目を合わせることを避けていたし、それは友達相手でも同じだった。
知らない大人に会わされた時にはいつも俯いて縮こまっていた。
それなのに今といったら、それが自分にとってメリットになるならば自ら挨拶だってするし、声も掛けるし、目を合わせて愛想良く会話する。どっちが本当の私なのか?未だにわかっていない。どちらも本当の私だと言ったらそれまでだ、でも今の私であっても本当はどうしたいのかというのがわからないと言えばいいのだろうか。
「愛想良く振る舞わなければこの世では生きていけない」ということを学習したからこそ、そうしている節が強い。つまり、別にそれを必要とされないならば私は自発的にそうはしないだろう。前のように黙りこくって人とコミュニケーションを取ろうとしないかもしれない。では、今の私は強いられ無理をして今の行いをしているということ?自分がやりたいことと、やるべきだと自分に課したことが混ざって判別がつかなくなっている。どうしてこうなってしまったのか。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。